水のトラブルを解消するには初期対応が重要

水のトラブルを解消するには初期対応が重要 水のトラブルを解消する手段として、自分で修理する方法と業者に依頼して直してもらう方法があります。それぞれメリット、デメリットがありますが、知識さえあればすぐにトラブルを解決できる場合もあります。ただし、慣れないうちは水漏れトラブルが悪化することもあるので業者に依頼して修理してもらうのが良いでしょう。
また、専門的な知識を有する箇所でのトラブルが起きた場合、その修理には知識や技術が求められます。こうした箇所の修理は必ずプロへ修理を依頼しなければトラブルがより大きくなる可能性もあります。自分で修理を行うのか、業者へ依頼するのかの判断を誤ってはいけません。

■水のトラブルは自分で修理できる?

水のトラブルは故障・修理がひどいものでなければ自分で修理することもできます。自分で修理するメリットは作業料がかからないというものがあります。しかし、自力での対応は限界があるため、確実にトラブルを解決できるとは限りません。
例えば、トイレの詰まりは家の水のトラブルでも起こりやすいケースです。ティッシュペーパーを大量に流してつまったりペンを流してつまったりすることもあります。便器の奥に異物が詰まっているような軽度な詰まりは、ラバーカップやパイプクリーナーを使用して自分で対処できる場合もあります。ただし何度か行っても詰まりが解決しない場合、事態は思っているよりも深刻かもしれません。便器の奥でとどまっていた異物が排水管の奥へ流れ込み、そこで再び詰まってしまうと業者を呼ばなければ解決できなくなる恐れもあります。場合によってはトイレリフォームなどが必要となることもあるので、自力での対処が難しい場合は業者へ修理を依頼しましょう。

■専門性の高い修理は業者へ依頼
水のトラブルといっても、必要となる修理内容はトラブルが起きている場所や状況によって様々です。特に給湯器の不具合や、壁などに埋め込まれていて目に見えない箇所での水漏れなどの場合、修理にあたって専門的な知識が必要となったり、修理内容が大掛かりなものとなることが多いため自力での対応は困難です。業者へ修理を依頼することの最大のメリットは、修理代金は必要となりますが、確実にトラブルを解決できるという点です。
新たに水道を設置したり、建物内の配管の修理を行うなど大掛かりな工事を伴う修理は、水道局から許可を受けた指定給水装置工事事業者へ依頼することがおすすめです。この指定を受けている業者は、給水装置工事主任技術者の資格を有している技術者が在籍しているため技術面でも安心できます。

■業者へ依頼する際の確認事項

水のトラブルを業者へ依頼する際は、事前にポイントを押さえておくことで緊急時でも落ち着いて対処できます。まず大切なことは万が一トラブルが起きたときに備えて、事前に業者をチェックしておくことです。修理を依頼する際には一社からだけではなく複数の箇所から見積もりを取って比較することが多いものです。そのためすぐに問い合わせできる業者をいくつかピックアップしておくと安心できます。
また、トラブルが発生する時間帯によっても対応が異なるため、24時間問い合わせを受け付けている業者であれば素早い解決が望めます。水漏れなどのトラブルは放置しておくと、カビの発生や建材の腐食など家屋へダメージを与えることも考えられます。そのため迅速な判断と対処が必要です。

■まとめ
水のトラブルが発生したら、素早い対応が求められます。まずはトラブルの症状と発生している箇所を確認して、自分で修理を行なうか、業者へ依頼するかの二つに分かれます。この判断を誤ると、トラブルが解決しないばかりか、症状が重症化してしまい費用がかさむ可能性もあります。自力での対応に少しでも不安が残る場合や、原因の特定ができない場合は業者へ速やかに連絡し、指示を仰ぐことがおすすめです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース